スピード指数の表していること

スピード指数で何が分かるのか・・・?個々の馬の能力が分かります。
スピード指数は走破タイムをデータとして、より速い馬を、より価値のあるタイムで走った馬を、より能力の高い馬として評価するシステムです。
ですから「指数75の馬より指数80の馬の方が能力が高い」というような出走馬同士の比較が出来ます。

2001年9月30日中山4回8日11R
芝右回り1200Mスプリングステークス(G1)OPEN発走15:35
LEVEL96/99(−3) 先行指数平均7.75(11.67)=3.92 SLOW 0/5

出走表

これは2001年スプリンターズSの出走表です。詳しいPDF出馬表はこちら

前哨戦である京成杯オータムハンデを1分31秒5の日本レコードで快勝したゼンノエルシドですが、当日の中山芝の馬場は−22と時計の出やすい馬場状態であったこと、斤量も53キロと軽かったことなどから、スピード指数は92と他馬と比較してあまり高いとは言えません。1200mは初めてだし、今回は斤量も57キロと重くなるので軸馬としては不安です。平均的に高い指数を出しているダイタクヤマトやトロットスター、斤量の軽いメジロダーリングなどの1200m戦が得意なスプリンターたちの方がスピード指数出走表からは強そうに見えます。
結局このレースは先行したメジロダーリングが粘り、ダイタクヤマトと叩き合うところを直線トロットスターが交わして1着になり、2着はメジロ、3着ダイタクで決着してゼンノエルシドは馬群に沈んでしまいました。

スピード指数で出走馬の能力を比較していると、こういった「危険な人気馬」や「実力以下に評価されている穴馬」が見えてきます。

 会社案内  特定商取引法に関する表示  著作権について Copyright© 1992-2017 Rightniks Co., Ltd. All Rights Reserved.