距離による平均的なペース指数表
距離  m ダート

1000

10 13
1150 - 12
1200 7 11
1300 - 10
1400 4 9
1500 2 -
1600 0 6
1700 -2 5
1800 -4 4
1900 - 3
2000 -6 -
2100 - 1
2200 -8 -
2300 -9 0
2400 -10 -1
2500 -10 -
2600 -11 -
2800 -11 -
3000 -12 -
3200 -12 -
3400 -12 -
3600 -12 -

レースは距離によって「標準的なペース」というものがあります。
芝の短距離はスタートからガンガン飛ばして行くし、長距離戦はその反対です。
レースは距離によって「標準的なペース」というものがあります。芝の短距離戦はスタートからガンガン飛ばして行くし、長距離戦はその反対です。

それぞれの馬たちのペース指数と、この標準的なペース指数との差が先行指数です。

例えば、ダートの1200m戦でペース指数プラス12で走った馬の場合、かなりハイペースで走った様に見えても、平均的なダート1200mのペース指数はプラス11程度ですから、先行指数はプラス1です。
同様に、芝の2500m戦でペース指数0で走ったという事は先行指数はプラス10だったという事になります。厳しいペースという点では後者の方がより厳しかったと言えます。

この先行指数を比較する事により、どの馬がより厳しいレースを戦ってきたかがわかります。

【新涼特別出走表】(詳しいPDF出馬表はこちら
新涼特別出走表

これは2001年9月22日 4回阪神5日目11R新涼特別の出走表です。
これを見ると前走で最も厳しいペースを経験したのは、ファイトバックだったことが分かります。このレースに出走したメンバーで先行指数の高い先行馬は12番のネイチャーヒーラー、11番ファイトバック、8番サワノビエントあたりですが、ファイトバックの前走の先行指数が出走馬中一番高く、先行力が一番高いこともこの出走表から分かります。
前走は競り合って負けてしまいましたが、3走前の桜島特別では高い指数で連対しており、厳しいレースを闘ってきた経験から、この相手でペースが緩めば有力な一頭だと言えます。

実際のレースでも、サワノビエントの2番手を楽に追走したファイトバックは、人気馬ネイチャーヒーラー以下の追撃をかわして先頭でゴールインしました。

 会社案内  特定商取引法に関する表示  著作権について Copyright© 1992-2017 Rightniks Co., Ltd. All Rights Reserved.